Q&A

ひな人形や武者人形の由来や飾る時期などの
疑問や質問にお答えします。
ひな人形の由来とは?
公家文化が詢爛と花開いた平安時代。平安時代のひいな遊び(お人形遊び)と紙で作った人形(ひとがた)に、自分の災いや厄を移して海や川へ流した「流しびな」の行事が結びついたのがひな祭りです。これらをルーツに洗練と気品を加えてひな人形が誕生しました。現在では、お嬢様が健康で無車に美しい女性に育つ様にとひな人形を飾ります。つまりひな人形は、お嬢様の身代わりとなって、事故や病気にならないで幸福を得られるように願いを込めたお守りなのです。
ひな人形はいつから飾るのでしょうか?
立春の頃から2月中旬にかけて、遅くとも3月3 日の一週間前までに飾るようにします。ただ、初節句の場合には、ご近所・ご親戚の方々のお披露目もありま すので、早い方は1月初旬から飾ることも多いようです。ひな人形はお嬢様の大切なお守りですから毎年飾るようにしましょう。また、一年に一度お人形を 飾ると、箱の中の空気を新しく入れ替える事にもなり、お人形さんにとっても良いことなのです。
次女•三女が生まれた時には?
ひな人形はその子供の成長と幸福を祈るお祝いであり、赤ちゃんの身代わりとなって厄を受けていますので、基本的には一人一人のお守りなのです。神社のお守りを割って二人で分けたりしないのと同様に、母親のひな人形を譲受けたり、姉妹兼用にはしないものです。次女・三女が生まれた場合には、「木目込 人形」「市松人形」「わらべ」等、ひな人形の代わりとなる魔除けの人形をお選び下さい。
ひな人形はいつしまうのでしょう?
お節句が終わりましたら片付けますが、金沢地区は4月3日(旧暦)まで飾る方が多いようです。湿気の多い雨の日に片付けると、湿度の高い空気まで箱に入れることになります。できるだけ天気の良い日を選んで片付けましょう、また、片付けの際には、ナフタリンと樟脳を混ぜて使用するのは避け、必ず人形専用保存剤をご使用下さい。
男びなと女びな、飾り方の決まりは?
一般的に、向かって左にお殿様、右にお姫様を飾ります。この飾り方は昭和以降、関東を中心に広まったものです。古式を好む京都では左右逆の飾りも残っています。どちらが正しいというものではありません。
端午の節句の由来とは?
5月5日は『端午の節句』。男の子が健やかに成長する事を願って鎧、兜、武者人形を飾ります。武士の命を守る鎧、兜は事故や災害から子供の身を守ってくれるようにとご両親の願いが込められています。ですから、鎧兜や武者人形は魔除けであり災厄除けの守り神なのです。
こいのぼりの由来とは?
昔、中国に「竜門」という流れの急な滝があり、その滝を登りきった鯉には霊力が宿り龍になり天に昇ると言う出世の物語があります。この伝説にちなんで、男児の立身出世を願う親心が鯉のぽりという形になったと言われています。また、男の子が生まれた時に鯉のぽりを立てるのは、我が家に男児が誕生した車を天の神に告げ、そのご加護を願うための目印にしたそうです。
武者人形や鯉のぼりはいつから飾るのでしょうか?
春分すぎ(3月21日)から遅くとも5月5日の1ヶ月前までに飾るようにしましょう。ただし、初節句の場合は、ご親戚やお友達にお披露目もありますので3月中にお飾りされるお宅が多いようです。
武者人形や鯉のぼりはいつしまうのでしょうか?
武者人形や狸のぽりは、お節句が終わりましたら片付けますが、6月5日まで飾られるご家庭も多いようです。ただし、湿気の多い雨の日に人形を片付けると、湿気のある空気まで箱に入れてしまいますので、お天気のよい日に風通しのよい部屋で片付けましょう。
ページトップ